内部についての調査|組織の業務形態に適したワークフローシステムをチョイス!
ウーマン

組織の業務形態に適したワークフローシステムをチョイス!

内部についての調査

オフィス

監査を行うということ、そこは、幅広い意味があります。財務諸表を調べてもらう会計監査の他にも、例えば内部監査を行うような準備も株式公開には必要です。それは、公開するものを整えることだけではなく、社内の状況を整えることもとても大切だということを表しています。そして、内部監査の基本的な考え方として、内部監査人を社内で設置して、社内の経営に必要な資産や業務が正しく活用されているか管理するために、内部監査人に調査を行ってもらうという部分があります。社内が円滑に動けるためには様々なルールが存在するため、そのルール通りに社内が活動できているかどうかを常にチェックしていくことが必要です。そして、そのルールが機能していないのであれば自浄作用が働くようにすることも必要です。その機能として、内部監査がとても重要です。

内部監査を行う意味、それは過去と以前とでは大きく意味が変わってきています。従前は内部で発生している不正を探しだして糾弾するような意味合いが強かったといわれています。それが今では、問題が起こっている部分をどうやって修正していくのか、ということを考えて提案する立場へと移行しています。そこで監査を専門に取り扱っている法人の力を借りると、例えば内部の問題を探すために必要な規定についても、良い提案を受けることができます。それは結果的に企業を良い方向へ導くことで、監査の制度を高めて上場への改善を達成することにつながります。結果、今の時代には、会計という分野でも、内部という分野でも、監査を専門家に委託することに意味があるといえます。