会社を蘇らせる|組織の業務形態に適したワークフローシステムをチョイス!
ウーマン

組織の業務形態に適したワークフローシステムをチョイス!

会社を蘇らせる

複数の人

監査を受けることの意味は、多くは上場企業になるために、また、上場企業として社会で活動するために必要なこととしての側面が利用されています。ですが、監査というものにはそれ以外の側面もあります。成長を続ける企業がある影で、うまくいかない現実に飲み込まれる企業も存在すること。その点に焦点を当てるサービスを提供しているのも、監査を提供している業者の特徴です。
いわゆる事業再生支援サービスと呼ばれる分野のこのサービスは、事業がうまく行かなかった会社を救うために施行されている会社更生法や民事再生法を活用するためのコンサルティングを提案できる、という意味があります。
諦めるのはまだ早い、その言葉をまさに具現化するパートナーとして、監査を取り扱っている会社が手を差し伸べてくれます。

監査を専門に取り扱う業者に相談することで、会社更生法や民事再生法を適用するための書類を作成することを手伝ってくれます。例えば、所有する財産として扱われるものの価値を判断してもらうために必要な、財産価額評定書を作成することを手伝ってもらうことができます。また、また、会社更生法に基づいて裁判所に会社更生手続を依頼した場合は、依頼して終わりではなくいかにして今後立ち直るのか、ということを計画して、更生計画案と呼ばれる書類を提出する必要があります。この書類作成において、今後の数値計画を明確に作成できるようにするための作業を専門的に行うことができます。そういった協力を得られる監査法人のサービスで、会社を蘇らせるための方策をより効率よく、より確実に進められるのが特徴です。