スタンバイする時期|組織の業務形態に適したワークフローシステムをチョイス!
ウーマン

組織の業務形態に適したワークフローシステムをチョイス!

スタンバイする時期

スーツの男性

監査を受けて上場企業を目指すなら、まずは前提条件となる上場企業になるための監査を受けられる期間は上場する2期前からの期間だということは踏まえる必要があります。上場とはいつでもすぐにできることではなく、正しい段取りで正しい流れの中で行われる必要があるということを、まずは抑えておきたいところです。狙いを定めた時期の2期前に突入する以前の段階から監査法人と連携をして、必要な課題抽出を行うことがもちろん大切です。さらに、2期前に突入したなら財務諸表監査を受ける必要があります。スタンバイする時期にはこういったことが必要だという点を考えると、かなり早めの段階から監査法人の選定を行うことが重要だとわかります。

監査を受けたり、どこの法人に相談したりするかは決まっていないものの上場したい、そのような展望があるならば、時間に余裕が有ることを活かしてより早く準備を整えたいところです。早い段階で監査法人との契約を締結できれば、後に必要となる社内の改善を計画的に行うことができます。また、実際に監査を受けるにあたっても、そのために必要な会計環境を整えることが必要になるため、その準備もじっくりと取り組めます。予定があるなら間違いなく早くから監査を活用する段取りを進めるべきだということは、間違いなく重要です。

監査の準備は早い段階からスタートすることは大切ですが、そのために必要な監査法人との契約を結ばないまま上場目標時期の2期前に入ってしまう場合があります。その状況下でも監査法人に相談をして、会計監査を受ける動きを取ることは十分できます。やらなければ上場できないだけに、スタンバイする時期を見誤っても、諦めずに監査法人と契約をすることがまずは大切です。もちろん、契約できるとは限らないこと、指摘された改善事項が改善しきれず上場のための審査に落ちること、それらの可能性を否定することはできません。時間がない状況を回避することはもちろんですが、可能な限り自社で管理体制を整えておくことが大切だということも忘れてはいけません。いずれにしても、時間がないならばまずは監査法人にコンタクトを取って、相談をすることがとても大切です。